シンエヴァンゲリオンを見るために、ようやく「Q」を見た

映画

ようやくエヴァンゲリオンQを見ました。
エヴァの新劇場版の3作目ですね。

ぼくは中学生の時にエヴァを見てハマって、
微妙にリアルタイムじゃなかったんですが、
大好きになってアニメ版の
DVDを全部買うくらい好きでした。

なので新劇場版の序も破も
劇場で見ています。
しかしQだけは見ていなかったんですよね。
というのは、当時Qは酷評の嵐だったので
「うーん見ようかな〜どうしようかなー」
と思っているうちに劇場公開が終わり、
なんとなく月日が経って今、
って感じです。
ただ、酷評が理由か、
Qのブルーレイがかなり安く
売っていた時があって
買うだけ買っていました。

んで、今回
シンエヴァンゲリオン劇場版公開
のタイミングで序と破が
youtubeで生放送をやっていたので、
思い出す程度に見て
(破はやっぱりめちゃくちゃ面白かった!)
買ったQのブルーレイを
見たっていう流れです。

Qは面白かったです。
当時は一応すぐ見るつもりだったから
ネタバレも含んでいそうだなと
酷評の理由は見なかったんですが、
そんなに酷評する理由はないな
と感じました。
なので、そんなの気にしないで
劇場へ行っておけば良かった。

とりあえず言えるのは
映像がとても良いです。
見たことのないデザイン、
見たこともない形での災厄、
さらに荒廃して殺伐とした世界観
みたいなものを映像で見る
っていうだけでも迫力があって
面白いです。
だからこそ劇場行っときゃ良かった、、

まあ、ストーリーとしては
冷静に考えると酷いものだなと思います。
序か破で渚カヲルが
「また3番目なんだね」
的なことを言っていたし、
冒頭があんな感じだったので
「あれ、これ碇シンジくんの
異世界転生ものなの?」
「違う世界線?」って思ったんですが、
どうやらそうではないようですね。

まあしかし14年も寝ていた中学生に
そっけない態度で何も教えず突き放す感じ、
リアリティがなさすぎて引きました。
こんな組織運営できるのに
一番大事な部分は雑なのかよ、という。
シンジもそりゃ寝起きで
意味不明でああもなるよなと。
寝起きって言ったって14年ですからね。
14年で年取ってない感じだから
さらに混乱だろうし。

ただ、その先で
自分を慕ってくれたカヲルが
やめろと言っているのに
突っ走っちゃうところは
やはりバカシンジですね。

なので、色々あったけど、
決定権あるところと実行力があるところ、
両方がバカだったので
フォースインパクト起きちゃうよねー
みたいな話だと感じました。
Qの場合はあの世界の誰にも
感情移入できなかったです。

ストーリーとしては
バカとバカが合わさって
スパークしたわけですが
どうやらそれはゲンドウの
手のひらの上でのことのようなので、
とりあえず流れとしては
旧劇場版と同じ流れなのだと思います。
人類補完計画を目指しつつ
ゲンドウの狙いはユイに会う的な。

旧劇場版までのエヴァンゲリオンのテーマは
「自立」なんじゃないかな
と思っているんですが、
シンエヴァはここがどうなるのか
期待したいですね。

Qみたいにリアリティというか
大事なところの人間模様が
バカすぎると面白くないかもですが、
映像的にかなり楽しめるとわかったので、
酷評であろうと今回は
映画館に足を運ぼうかなと思っています。

まあでも普通にちゃんと
作っているのであれば
シンエヴァでは
シンジが寝ていた14年間の空白は
明かされると思うので、
そこでミサトの組織の
成り立ちとかの流れで
なぜ意識が戻ったシンジに
何も伝えなかったのか
っていうのも大きな理由があり
そこがシンエヴァのストーリーの
核の一つになるかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました