プロフィール
右枝

働きたくないアラフォー子供部屋おじさん。
音楽専門卒→フリーターバンドマン、夜勤15年→無職へ。
2021/12/1から無職ニート生活。
ニコニコ漫画に1ページ日常漫画投稿中↓
話し相手がいないからここに描く。

右枝をフォローする

【無職の交友関係】年賀状を一切書いていないぼくに、毎年一枚だけ届く同級生からの年賀状

漫画日記

もうほとんどの真人間の正月休みは終わり、
仕事を始めているんでしょうね
ぼくは相変わらず休みを過ごしています

どうも、無職子供部屋おじさんの
右枝@eda_kokonikakuです

やっぱり真人間は年賀状が届くんでしょうか
今日は年賀状について書きました

年賀状はもう一切書いていない

ぼくは正社員になったことがなく
ずっとアルバイトで働いていたので
いわゆる取引先にやらなきゃいけない
仕事としての年賀状はなく、
年賀状とはほぼ無縁の人間です

年賀状は時代に合わないからやらない
とも思っているけど
そもそも送る相手がいない
っていうのが実情です

20代くらいまでは友人からの年賀状は
きていたと思うけど
めんどくさがりのダメ人間なので
返していなかったら
ほとんど来なくなりました

メールで送り合うような関係性の友人も
いないので正月は無風です
というかいつも無風です

年賀状は距離感が良い

今思えば年賀状って
距離感が良いなって思ったりもします

メールだと返信しなきゃいけないし、
やりとりが続くかもしれない、
そういう関係性でもない、
でも小学生から知ってるとか
学生時代の友人だから、
今何してるかくらいは知りたい
みたいな関係性の友人もいたんですけど、
そういう人とは年賀状って距離感が良いです
(今だとそれがSNSなんすかね…
おっさんにはちょっと違うんだよな…)

テンプレの年賀状に
手書きで一言だけのメッセージ、
それは同時に一月一日に届くから
会話にはならないんだけど
お互い近況をなんとなく報告し、
ゆるくつながっている

つながっていたいけど、
現状の環境、時間などを考えると難しい、
メールやラインじゃ近すぎる、
みたいな関係性に年賀状って
ぴったりだと思うんです

まあ年賀状を辞めて
年賀状が来なくなった30歳になった
くらいの時に気がついたんですけどね

毎年一枚だけ届く同級生からの年賀状

そんなぼくにも
毎年1枚だけ年賀状が届きます
小学生からの古い友人です

小学生からと言っても
ぼくがこの街に引っ越してきて
1年だけ同じクラスになって、
その後は別々になりました。
でも家が近かったので仲が良くて、
20歳くらいまでは年一くらいで
遊んでた友人です

彼はとにかく頭が良くて
有名大学に行って大企業に入って
結婚して20代で家を買ってっていう
人類の正解を常に叩き出している
スーパー人間です

とてもいいやつでまともな人間なので
交友関係もめちゃくちゃ広いです
そのうちの一人に
多分ぼくを数えてくれていて、
(ぼくとしては親友と言いたけど
向こうはめっちゃ友達多いから…
っていう距離感)
ちゃんとしてるやつだからこそ、
年賀状の返事すらしないぼくに
まだ年賀状を送ってくれるんでしょう

それは、眩しくて見えない

毎年届くその年賀状は
ぼくには光り輝いて見えます
これを見るとポム爺状態に陥ります
ラピュタでシータの飛行石を見て
「眩しすぎる」って言ったポム爺さんが
思い浮かぶんです

ちゃんとしたところで撮影した写真に
美人な奥さん、子供、
人間の幸せが溢れまくっている一枚の年賀状

無職ニート引きこもり底辺子供部屋おじさん
のぼくには直視できません

気を使ってというか、申し訳なくて連絡できない

ぼくはこの友人との関係を
失いたくはありません
また会ってあの頃のように
話したいなと思うけど
幸せでいい人生を歩んでいる頭の良い奴に
ぼくのような底辺人間は
ノイズでしかないんだろうな
って思うんですよね

「こっちに来たら連絡してくれ」
っていつも一言載せてくれるんだけど
ちゃんと大企業で働きつつ
まだ子供も小さくて時間がないであろう
彼の貴重な時間を奪うわけにはいきません

今年からは無職になったし完全に暇だから
いつでもいけるんだけど
気を使うし申し訳なくて連絡はできません

最後に会ったのは彼が結婚して
まだ子供がいない時でしたが、
たまたまぼくが彼の住んでる地域に
行くことになったので
「飯食おうよ」「オッケー」みたいな、
全然会ってないし連絡してなかったけど
急に仲良かったあの頃に戻る、
みたいな会話ひとつで会う約束
をしたら、
その場に奥さんもやってきて
「そうか、彼の言う飯食う、
っていうのは
もうこんな感じなんだ」
と何かすごく距離感を感じました
ちゃんと紹介してくれてありがたかったけど

奥さんはめちゃくちゃいいとこの人で
上品だったので、
その時は、学生時代の思い出話も、
当時のぼくのアホな近況もうまく話せず、
微妙な感じで終わったのを覚えています
人見知りを発揮、美人に緊張
みたいな感じです

学生時代のままの関係ってのは難しいね

ぼくが年賀状の返事をしなくなったのに
彼がだけが年賀状をくれるようになって
もう3〜4年くらいでしょうか、
それ以前はぼくも返していたんですが、
なんか辞めてしまいました

流石にそろそろリアルで会いたいな
とも思うけど、気を使う上に
コロナ禍ってこともあるし、
とか考えるとなかなか連絡しにくいです

なんかほんとに微妙な距離感なんですよね
ぼくだけが学生時代のままって感じです

コメント

タイトルとURLをコピーしました