Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/swivel/kokonikaku.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ななまがりが良かった!【水曜日のダウンタウン】新元号を当てるまで脱出できない生活

テレビ・ラジオ

いやー昨日の水曜日のダウンタウンが面白かったです!

水曜日のダウンタウンといえば、ギリギリな線を攻めて何かしらの炎上要素がありつつ話題を呼ぶという感じの番組ですが、今回は違いました。

昨日の企画『新元号を当てるまで脱出できない生活』は、なんかもうストレートに面白かった。「テレビってやっぱおもしろいよな」と久しぶりに思わせてくれました!

新元号を当てるまで脱出できない生活

今回の企画は少し前の放送から予告されていた企画です。

新元号発表前夜に芸人が密室(埼玉県の平成荘というところw)に収容されます。外部からの情報が完全にシャットアウトされた状態で新元号「令和」を当てるまで脱出できない生活を始めるというもの。

まあ、「新元号を当てるまで脱出できない生活、これを水曜日のダウンタウンがやる」というふれこみだけで、若手芸人が何も聞かされず連れて行かれて隔離されて極限状況に追いやられて新元号を当てるんだろうなあというのがわかりますね。

突然スタッフが登場→何も聞かされずとりあえずアイマスク→連行という流れはもやは水曜日のダウンタウンの様式美です。

ななまがりが良かった!

企画内容を聞くだけでもうすでに面白そうな今回の企画ですが、これに挑む(挑まされるの方が正しい、、)芸人のチョイスが絶妙だったなと思います。

番組的には、スケジュールが空いていて2人とも大学を出ていて、なおかつボケの森下が新元号を発表した菅官房長官に顔が似ているからということでチョイスしたようです。

ななまがりは売れていない芸人というわかりやすい立ち位置でありながら、キングオブコント決勝まで残った実力もあるという実力者。そこそこの知名度です。

ぼくも見たことがありますし、全く知らない芸人よりは見やすくなります。

まず、2人の間でケンカがなかったのが良かったですね。別にめちゃくちゃ仲が良さそうというわけでもないんですけど、企画自体を純粋に楽しめたのはこの2人の仲の良さがあってのことかなと思います。

今回の企画のように、極限状態に置かれる企画ってグチが出てケンカが始まって企画の趣旨がズレてしまうことって結構ありますよね。

水曜日のダウンタウンの場合はそれすら狙っていじって笑いにしているところもありますが、それってちょっと見ていて苦痛になる時もあります。

この企画も極限状況に置かれながらもそうならなかったのは、ななまがりという芸人がとても良い仕事をしたからだと思います。

彼らのおかげでこの企画が楽しめました。これを機にぜひ売れて欲しいですね!

もうできない企画という面白さ

この企画の面白いところは「もうできない」というところです。

元号なんでそうそう変わらないし、そもそも、元号が変わることが何かポジティブなこととして迎えられるのも珍しいですしね。

そんな大イベントでありながら「一度はみんなやったこと」というのも面白かったポイントだと思います。

皆さんも一度は新元号がどうなるのか予想したんじゃないでしょか?ぼくもしましたし、メディアではいろんな予想が話題になっていました。予想すること自体がエンタメでしたよね。

その上でもうぼくたちは新元号「令和」を知っているわけです。その状態で新元号を知らない芸人が予想しているのを見る、これは本当に面白いエンターテイメントの仕組みだなあと思いました。

「みんなが一度はやったことがある」というのが何か一体感を生んでいて、ななまがりを応援できたしこの企画に前のめりになれた気がします。

そして「新元号を予想するなんてことは今後もうない」というのも希少価値というかイベント性を感じて真剣に見届けたい気持ちにしてくれました。

水曜日のダウンタウンの熱量

こんな、たった一回だけの企画に全力投球だったのが水曜日のダウンタウンです。

演出がめちゃくちゃ良かったんですよね。

この企画は外部との接触を完全シャットアウトされる密室で軟禁状態です。この生活自体がつらいと「元号を当てる」という企画がぼやけてしまいます。そこで軟禁の仕方、つまりどの程度自由なのかというのが絶妙なバランスでした。

食事は最低限は取れるような仕組みになっていながらも、タバコはポイントを稼いで買わなければならないし風呂すらもポイント制、エアコンのリモコンすらもポイント制。でも布団はあるしトイレには行けるという絶妙なバランス。

このおかげで「新元号を当てることなんでできるの?」という企画の本筋が純粋に楽しめながら、そのポイントをななまがりの2人がどう使うかというところも楽しめました。

そしてななまがりのチョイスもエンタメ的にグッドだったと思います。

それにしてもヒントのランプはすごかったですね。あれってななまがりの二人が予想を出してから、スタッフが瞬時に判断してランプを大・中・小で光らせてると思うんです。

ということは画数ヒントの場合、瞬時に画数を数えてランプを光らせないとダメだと思うんです。これ完全手作業じゃないとできない気がします。

最初に同じ画数の漢字リストを作ったんでしょうか。色々と、相当な準備があったんだろうなという風に見えました。ここでこの企画に対するスタッフのものすごい熱量を感じました

その上でななまがりがヒントが一体どういうことなのか徐々に導き出していく様は最高でしたね。

この辺りのヒントの難易度調整が抜群でした。ヒント一つで企画が台無しにもなりかねないので、これは人選から難易度調整から本当にすごいの一言。

ぼくなんかあのヒントだと絶対気がつかないだろうなと思うんですが、、、本当にこの企画はななまがりでよかったなと思いました。

さいごに*テレビ史に残る名企画

というわけで水曜日のダウンタウン『新元号を当てるまで脱出できない生活』はめちゃくちゃ面白かったです!

個人的にテレビ史に残る名作、名企画だと思っています。新元号が発表された時よりも何かグッときました。企画・演出・演者全て最高でした。

そして、こんな凄くて面白い企画を普通の放送回でやっているということに水曜日のダウンタウンのクオリティの高さを感じました。

通常放送で一つだけの企画しか放送しないのは初めてのことのようですが、それにしてもこんなアツい企画だったら2時間特番で引っ張って放送してもいいようなものを、、

毎度のように「よくこんなついつい気になって見ちゃう説を生み出すなあ」と思わす企画を持ってくる水曜日のダウンタウン。今、ぶっちぎりで一番面白いテレビ番組です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました