【キングオブコント2020の感想】ジャルジャルの2本目どうだった?キングオブコントの価値って?

お笑い

キングオブコント2020を見たので、
早速感想を書いていこうと思います。

今年はコロナ禍のなかで
芸人がライブでネタを
高めていけなかったり、
収録のスタジオに観客を
いつも通り入れることができなかったりと
異例な大会でした。

さらに、
TBSが笑いの日と題して
ダウンタウン司会で生放送ぶっ続け、
そのフィナーレにこの大会ってことで、
例年とは一味も二味も違った印象の大会でした。

ファーストステージ

というわけで1組ずつ、
ざっくりと感想を書いていきます。

滝音

大食い大会。

初見。今をときめく第7世代。
最初の一ボケで、
そっちがぼけだったん?
っていう設定の種明かしと掴みがよかった。
テレビ出演3回目とのことで
多分ほとんどの人が初見。
どっちがボケか把握していないので、
効果倍増。

設定がこうだからこれがボケになるのか、
っていう一見ボケっぼくないものに
際立つ良い声でつっこむっていう
バランスがとてもよかった。

GAG

3人が入れ替わっちゃう。

そんなわけないじゃんっていう
中島美嘉が最初に出てきてつかみが最高。

そこに「君の名は。」的な
入れ替わる感じが、
ちょっと情報過多な感じがした。
中島美嘉が良かっただけに惜しい。

個人的にはツッコミの人の
哀愁ある嘆きツッコミボイスが
好きだったので、
それが生かされていないネタで残念だった。

ロングコートダディ

倉庫作業するマッチョ。

最初は違和感がある筋肉が
だんだん面白く見えてくるネタ
だった。
審査員はもう一段階、
展開を求めていたようだけど、
ぼくは最後までニヤニヤ見れて面白かった。
マッチョの方のすっとぼけた表情がツボ。

ただ、たしかに、もう一つ展開あると
ファイナルまで進めたのかも。

空気階段

霊能者がラジオ電波を拾っちゃう。

空気階段の他のおもしろいネタの
キャラと同じ声で来たのでなんだかなー
と思ったけど、
スゴい練り込んだ良いネタだった。
フリの効いた小道具のインパクトがよかった

ジャルジャル

歌の練習をディスる。

ジャルジャルにしては
オーソドックスな設定って感じ。
なんというか、
子供が笑うようなベタさというか、、
最初から会場がうけてるのが
少し意外だった。

うーんどうかなーと思って見ていたけど、
だんだん足されていって
どんどん面白くなってさすがという感じ。
繰り返せる設定を存分に使い切ってて
面白かった

ギース

バイト先を去るおじさんに音楽を贈る。

ハープが来るんかいっていうつかみが
フリが効いててよかった。
最後の方は何見せられてるんだ
っていう感じの面白さがあって最高
だった。

ギース高佐はゴッドタンで
ハープで悩んでいるのを見ていたので、
それがここまで来たかっていう感動があった。

うるとらブギーズ

陶芸の師匠と弟子。

ベタだけど設定が面白い。
ボケがどうこうじゃなくて、
演技がおもしろいって感じ
ただ、良いのを割っちゃうっていう
一方向のボケだけだったので、
ちょっと単調だったかも。

ニッポンの社長

ケンタウロスが逆パターンと出会う。

ケンタウロスって
いろいろボケが思い浮かぶし
手垢ついてるだろうけど、
この感じのボケは見たことなくて
最高に笑った。

最後なんなん?ってオチもよかった。

ぶっ飛んでる人達ってイメージだったので
この大会の流れだったら
前のにゃんこスターみたいに
爆発するかもと思ったけど
意外と三村の採点が低くて
点は伸びず残念。

ニューヨーク

やりすぎ結婚式余興。

どんどんボケていく感じが面白い。
陣内智則システムといか、フリップ芸っぽく
ボケを並べる見やすさがあって
ボケの方向も面白くてよかった。

すごいのをいろいろやった上で、
最後は技術じゃなくて
努力さえあればできる千羽鶴
ってオチが最高だった。
オチでは一番笑ったかも。

ジャングルポケット

変な脅し文句。

斉藤の脂っこいキャラクターに
他の2人も近づけて
ハイテンションな感じのネタ。
なんか盛りすぎかもと思った。
10番目にこの感じは疲れてしまった。

設楽が言っていたけど台詞の応酬で
情報過多だったのかも。
順番が影響した気がする

ファイナルステージ

ファーストステージを突破したのは
1位 ジャルジャル
2位 ニューヨーク
3位 空気階段
点数的には
ジャルジャルが少し抜けていた感でした。

空気階段

何言ってるかわからない変なやつ。

ハルト登場シーンで今大会一番笑った
勢いがあってめちゃくちゃ面白かった。
わかりやすくて良い。

聞き取れない変な声っていうこの設定で
ここまで広げたのがすごく良い。
謎のドラマ性が笑える。
もう優勝してほしいって思った。
個人的には今大会1番のネタ。

ニューヨーク

893の妙なプライド。

なんかガチャガチャってなって
変な感じになったりする
日常にもある一コマを、
893っていう緊張感を乗っけて
膨らましていてよかった

技巧派っていう感じ。

ただ、これで優勝かというと、、
ジャルジャル優勝かー、
まあそうかーってなった。

ジャルジャル

うるさい強盗。

これはもう、すぐに何年も前の
ドリームマッチの出川大竹の
夜逃げ屋のネタを思い出した。
「笑ってはいけない」みたいな感じで
設定が分かりやすく面白くなる感じ。

当然面白いけど、
出川大竹のネタがちらついて、
それ以上ではなかったから、
うーんって感じで
どう見て良いかわからない感じ
になってしまった。

金庫からタンバリンは面白かった

ジャルジャルの2本目どうだった?キングオブコントの価値って?

というわけで全てのネタを
振りかえってきました。
優勝はジャルジャル。
総合的にはそうなるんでしょうね。

ぼくの好みはロングコートダディ、
空気階段、ニッポンの社長でした。
一番笑ったのは空気階段の2本目。
優勝して欲しかった、、

ジャルジャルの2本目は
得点どうなるんだろうとも思いました。
出川大竹コンビが
ドリームマッチで優勝したネタと
設定は似ている
し、
鈴も出てきちゃったし。

ただ普通に高得点とりましたね。
まあお笑いを作っている人からすれば
「このネタ設定はあれと同じだなー」
っていうのをいつも感じている上で
ネタを作っているんだろうし、
審査員もそうなはずで、
ぼくのような一お笑いファンは
好みが偏っていて相対化できていないので、
あのくらいの感じなら
ドリームマッチの出川大竹のネタが
チラつくっていうこともないんでしょうか。

ただ、点数的に、
もう優勝が約束されているような状況で
最後のネタでトリッキーなジャルジャルで、
どこかで見たような気がするネタかい!
っていうのがちょっとモヤモヤが残りました。

あとジャルジャルに関しては
確か毎日?youtubeチャンネルに
ネタを上げているようですが、
そうすると再生数で
世にうけるネタが分かるわけで、
それを持っていけば強いし
勝てるのが道理だと思います。

でもキングオブコントは
大衆が審査するわけじゃなく、
5人のレジェンドが審査するわけで、
それはそれで偏っています。
でも偏っているからこそ
この大会には価値がある
よなと思いました。

視聴者投票がある大会もありますが、
それはyoutubeとかで
端的に数字が出せるので、 
テレビでやる意味はない。
テレビはテレビで逆に偏る方向で
行ったほうが
面白いものができるんじゃないか、
と思います。
そしてキングオブコントは
今それをやっているから面白いし
価値があるんだと思います。

その上で優勝したジャルジャルは
さすが実力者ですね。
ネタの平均点が高いです。
ジャルジャル優勝おめでとう〜〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました