オードリー若林のプロポーズの言葉が若林すぎてリトルトゥース歓喜【結婚おめでとう】

テレビ・ラジオ

いやーついにオードリーの若林さんが結婚しましたね!
春日さんも今年3月に結婚しているのでオードリーは2人仲良く2019年婚です。(令和元年婚と言いたいところが春日さんが3月なのでね)

若林さんは結婚をラジオのレギュラー番組『オードリーのオールナイトニッポン』で発表。

そこで明かされたプロポーズの言葉が「いかにも若林だなー」って感じで面白かったです。笑うと共に納得、共感しました。

ラジオで発表。結果的にサプライズ

オードリー若林が結婚を発表したのは、もう10年も続いているニッポン放送のラジオ番組でありオードリーのホームグラウンドであるオードリーのオールナイトニッポンです。11月22日、いい夫婦の日に入籍後の23日のラジオの生放送でした。

結婚は急だったようで、事務所に伝えたのもラジオで発表する4日前だったそう。若林さんにとって現実味がないようで、入籍するまで決心がつかなかったようでした。

ギリギリの発表で、世間的には大きなサプライズになると共に、リトルトゥース(オードリーANNのリスナーのこと)にとってはラジオで発表してくれた一体感というか近さを感じて嬉しかったですね。

噂もなくどこにも漏れずに発表だったので秘密裏に結婚を進めていた印象ですが、若林さんは女性と付き合っていたことは別に隠すつもりはなかったようです。「架空の嫁」として喋っていたここ最近のラジオでのトークで、もし春日さんが深く追求してきた場合は喋っていたとのこと。

まあ「嘘をつくしかやってられない」とか笑いにしていつもフリートークをしているので、リスナーのぼくとしても普通に嫁がいる体のトークは妄想トークだと思ってました。それがまさかの結婚。多くのリトルトゥースが驚いたんじゃないですかね。

周囲の人々には「お世話になった人には事前に連絡したけど」と言っていて、お世話になっていない春日には連絡なしと言い笑いにしていました。

気になるお相手は15歳年下の一般人で看護師をやられている方のようです。

プロポーズの言葉がいかにも若林

お相手さんとは知人の伝で知り合い、付き合うときには結婚を前提にお付き合いを始めたようです。

ただ、相手が看護師で夜勤などで忙がしく会う時間もなかったため、自然と同棲することに。それで二人の住まいを探していたときに思わぬプロポーズになったようです。

若林
若林

俺のことヤバイ人間だと思うでしょ、1年くらい確かめたいよね?

確かめなくても大丈夫です

若林
若林

確かめなくてもいいなら、結婚ということになりますよ?

これが若林さんが「プロポーズは?」と聞かれてラジオで答えていた会話です。
なんというか、理詰めですね(笑

この話をラジオのスタッフにしたところプロポーズは理詰めじゃないんですよ!!と突っ込まれたそう。なんという的確なツッコミ!エモーショナルでかっこいい(笑

ぼくは「いかにも若林だなー」と思いました。若林さんは「こうなってこうだからこうじゃないの?」と理詰めで考える、考えすぎてしまうタイプだと思うので、それがそのまま出ています。

人生でものすごく大事なシーンでこの感じ。

「なんだその言い方!」って普通は思うだろうけど、感情をうまく出すのが苦手、というかコミュ障なぼくは共感しました。あとなんかちょっと嬉しかった気もします。これでいいんだよねというか、これでも認めてもらえる人は認めてもらえるんだっていうか。

そうしようと思ったんじゃなくて、自然とそういう流れになったんでしょうね。思わぬ形のプロポーズだったようです。

一歩引いてみると「確かめなくても大丈夫」って言葉はもう逆プロボーズな気もしますけどね。(逆はおかしいのか、男性がプロポーズしなきゃいけないわけじゃないし)

さいごに*今後のオードリーANNはどうなる?

オードリーのオールナイトニッポンではオードリーの二人のフリートークが魅力です。日常が語られ、高校生の放課後って感じの良いバカバカしさがぼくは大好きです。

日常がネタなので、日常が変わるとトークも変わります。そこに伴侶がいるとなると大きく変わる気がします。

たとえば、ぼくは若林さんがオシャレな服を買ってきて洗濯に失敗した話が好きなんですけど、ネットでいろいろ調べた結果失敗するドタバタ劇が、奥様がいることによってそんな失敗は起こらなそうだなーとか。尻を振りながら料理する話とかもなくなるだろうなー。春日ももう絶対に窓から顔を出して寝ることはないし。

というわけで二人とも既婚者となったオードリーのオールナイトニッポンは結構変わっていくだろうなと思います。高校生感はなくなるのか?どうなるでしょうか、楽しみですね。

若林さん、結婚おめでとう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました