【R-1ぐらんぷり2020 感想】無観客の影響は?視聴者票が強くなった?

お笑い

R-1ぐらんぷりが、コロナウイルスの影響で史上初めて観覧客なしで開催されました。

見ている分にはそれほど影響がなく、例年通り面白かったです。

2020の優勝は野田クリスタル。自分で作ったクソゲーをプレイするネタで優勝をかっさらいました。

無観客の影響は?

無観客でのお笑いショーレースってテレビ史上でも初めてのことなんじゃないでしょうか。

観客がいない、つまりリアクションがないので演者はやりにくそうですよね。でも、逆に言えば、淡々と自分の芸を披露するタイプの芸人はやりやすい状態とも言えるようです。

オードリー若林が昨日の「オードリーのオールナイトニッポン」で言っていたんですが、漫才よりもコントの方が無観客には向いていると言っていました。

コントなら劇であって、決まったものを演じれば良いので、お客さんの影響をそれほど受けないんですね。

漫才の場合は最初の挨拶から何から、客のレスポンスを見てやるタイプの漫才もあります。お客さんに話しかけるタイプの笑いもあったりします。

なので一人芸のR-1でも、演者によってやりやすさは変わってきてしまうのだろうけど、テレビで見ている側としては「ちょっと盛り上がりに欠けるかなー」程度で、無観客の影響はそれほど感じませんでしでした。

一方で、観客がいるこれまでの場合、観客は若い女性なので若い女性に向けたネタが強くなりがち、っていう状況もあったりします。

これがないので無観客はフラットにネタが見れるんじゃないかなと思いました。前回を考えると、変に手拍子が生まれてしまったり、客の影響を受けてネタがぶれたりしていたので、それがないのはメリットですね。

そいう言えばR-1ぐらんぷり2019では客の反応がかなり気になってしまいました。松本人志もツイートしていましたね。

R-1ぐらんぷり2020

というわけでここからはR-1ぐらんぷり2020のネタの感想をざっくり書いていきます。

Aブロック

メルヘン須長

沢口靖子モノマネでSNSあるあるフリップ芸。

若い女子がいたら受けるのかなと。例年通り若い女性の観覧があれば爆発したかも

沢口靖子のキャラを乗せるならもっとキャラが濃くても良かった。

守谷日和

警察の取り調べで落語。

落語を嫌々やらされる状況。落語自体がもっと面白くないと成立しない気がした。ただ、守谷日和自身は面白いやつなんだろうなって感じがした。

SAKURAI

意外な共通点を探す歌ネタ。

発想の面白さはなく、この場にこれを持ってくる目線ズラし的な笑い。入っていければ共通点はなんだろうって探しそうで、それが裏切られて面白くなりそうだけど、入っていけなかった。子供に受けそう。

野田クリスタル

クソゲープレイ。

くだらなさが最高。ずっと見れる感じで、今大会で初めて「ああ終わっちゃった」と思った。野田の変に低い声が面白くなってくる。

個人的に好きってのもあるけど、面白すぎて早くも優勝した感じがあった。

Bブロック

ルシファー吉岡

間接キスを気にするおじさん。

5年連続の決勝進出。確かな実力を感じる。絶妙なラインを狙った下ネタ。ゴールデンタイムに耐えうる絶妙な気持ち悪さで、ここをこの感じでついてくるのは本当に凄いと思った。

下ネタがあんまり言えないゴールデンっていう制限があるからこそ面白く見えてくる。すごい。

ななまがり森下

乳首を隠せない男。

乳首を隠したくても隠せないっていうくだらない遊び。これで最後まで広げるのがすごい。なんでこんなネタ作ったんだよって思って笑えてくる。

パーパーほしのディスコ

まさかの浮気告白をされた男。

ベタな感じの人間模様だけど演技が上手いから面白く見れる。語り口と言葉のチョイスが良かった。ずっと見ていれる感じがあった。

すゑひろがりず南條

今と昔のギャップ。

今と昔のギャップはトークでもいけるし「見つけたなあ」って感じがある。アメトーーク でも良かったし。

ただ、フォーマットがわかった後の広げ方がイマイチだった。すゑひろがってない。

Cブロック

ヒューマン中村

異世界からの受信料取り立て。

異世界とつながって、つながったこと自体の受信料をせびられるって作りが独特で面白かった。ちゃんと作り込んであってクオリティが高かった。

おいでやす小田

金の取り立ての仕方。

ルシファーとともに5年連続決勝進出の常連。なんだかんだR-1でしか見ない悲しさがある、

例年通りよく作り込まれたネタにばかばかしさと勢いが足された感じ。アホで面白い。勢いで最後まで乗り切った感じ。

ワタリ119

消防士フリップ芸チャレンジ。

元消防士を生かした面白い設定、チャレンジ感を煽ってフリがよく効いている。肝心のネタはちょっと微妙だったけど、その感じも面白く感じてくる。指サックを用意してる準備万端さが面白く見えてきたりした。

大谷健太(敗者復活枠)

早く言葉フリップ芸。

早口言葉なのでこれを決勝でやる難しさを考えるとすごいなと。徐々に絵も面白くなってきて最後の畳み掛けがすごい。構成がうまい。

ファイナルステージ

ファイナルステージは正直なところ全員1本目よりも失速していた気がしました。あと気になったんですが、R-1はネタ順は選べないんですね。

野田クリスタル

また別のゲームで今度は馬鹿馬鹿しい下ネタ。クソゲーに下ネタが足されてまた面白くなっている。

すゑひろがりず南條

今度は歌ネタで今と昔。いくらでも作れそうな感じがある。このフォーマットを作った者がち的な。でも積み重なって増幅していくような笑いがない。

大谷健太

今度はオーソドックスに、お題を言ってボケていく大喜利的フリップ芸。粗品っぽいなと。

視聴者票が強くなった?

というわけでR-1ぐらんぷり2020を見てきました。全体的に面白かったです。

今年からTwitter投票も始まったようです。もともとテレビのdボタン投票もあるので、これまでより視聴者票が強くなった印象です。

ただ、最後に審査員票が入るので視聴者票をみてバランスをとって審査員が票を投じれる状況なんですね。

ワタリ119が視聴者から圧倒的な票を集めていましたが、それが審査員票で覆されたりしていて、この辺りのバランスはどうなんだろうと思いました。

個人的には Cブロックはおいでやす小田がよかったです。全員面白かったですが、2本目に期待できるのはおいでやすかなと思ったので。

審査員に威厳がない感じもしたり、審査方法は微妙な気がするんですけど、結果としては一番面白かった野田クリスタルが優勝したので良かったなーと思いました。

司会は宮迫不在で蛍原と粗品。2019のR-1優勝から2020は司会って、粗品の出世すごすぎ

コメント

タイトルとURLをコピーしました