同じ夢を見る時期がある、原因は調べたくない【アラフォー日常漫画136日目】

漫画日記

夢って基本的にあんまり見ないんですが、
なんか同じ夢を見る時期があります。
回数としては
そんなにないのかもしれないけど、
同じだからこそ印象に残っていたりします。

学生時代の頃は
走っても前に進めない夢を
よく見ていた気がします。
足は回転しているのに、
なんか体がふわふわ浮いちゃって
地面を蹴れなくて前に進めないんですよね。

20代半ばくらいか
ぼくは車で単独事故を
起こしたことがあるんですが、
その時期は免許取り立てだったこともあり、
かなり落ち込みました。
で、その時から数年は
ブレーキを踏んでも車が止まらずに
ぶつかってしまうっていう夢を見ました。
なんかぶつかりそうなところで
目が覚める的なやつです。
これは文字通り悪夢で最悪でした。
事故から立ち直って数年しても
たまに見る感じで、ほんとに嫌でした。
踏んでも踏んでも止まらないんですよ。
恐怖だったなー

最新の夢は歯がボロボロになる夢です。
何か食べると歯が砕け散るという
これも悪夢です。
まあここ1年くらいは
見ていない気がしますが、
繰り返し見る夢というのでは
最新はこれです。

他には昔飼っていた犬が
夢に出てくるのは定期的にありますね。
これはいい夢でもあります。
一緒にいるんだなって思えます。
夢を見ている間は死んだ気がしないので
幸せです。
目覚めてからもそんなに喪失感はなく、
いい思い出を振り返ることができます。

夢って当然心理状態を
反映しているはずなので、
原因を調べたら色々出てくるんでしょうが、
こういうのはあまり調べたくありません。
だって多分ネガティブだから。
犬の夢以外は、良くない現状が生んでいる夢
っていう気がします。

話は変わりますが、
最近は『手塚治虫の漫画の描き方』
という本を読んでいます。
これは手塚治虫が素人のために
漫画の描き方を教えてくれる本です。
初心者向けなので
ぼくにはぴったりの本です。

そこで手塚治虫は
漫画の醍醐味はデフォルメと語っていて、
「そういやそうだよな」
と気がつきました。

絵ってなんでも描けるんですよね。
思い通りに描きたいから
絵を描いているわけですが、
人をうまく、というか正しく描くために
手の長さのバランスはこうで、、、
とか考えて描きすぎているかも
って思ったんですよね。

なので表情とか動きとか
もっとめちゃくちゃな方が
躍動感あって面白いし
個性も出てくるんじゃないか
と思って今回の漫画はちょっと
自分なりに崩して描いてみました。

でも表情って難しいですね。
やっぱり一番強いのは記号だな
って思いました。
例えばこれとか→(><)
ネガティブな目に
ベストなんですよね。
ただ、ぴったりすぎて、
みんなが使っているので
なかなか自分なりもの
というわけにはいきません。

まあでも自由にかけるって楽しいので、
今後は表情豊かで躍動感ある絵を
描いていきたいです。
まあ、
漫画のネタであるぼくの灰色の日常には
表情も躍動もありませんが、、、

コメント

  1. ミノタケ より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見しています。私も触発されて、大昔に購入したWacomのタブレットで絵を書き始めました!レイアーが使える無料のお絵描きツールもインストールして、これから少しずつ機能を覚えてブログにUpできたらと思っています。またお絵描きに関するの記事情報を楽しみにしています。

    • eda eda より:

      ミノタケさん、コメントありがとうございます!
      お絵描き楽しいですよね〜しかも今は無料ツールも豊富だから気負いなくすぐに楽しめますしね!

タイトルとURLをコピーしました