渋滞中に見かけた、なんか心が和んだ風景【アラフォー独身日常漫画102日目】

漫画日記

昨日はいつも通っている道で
渋滞にハマりました。
いつもは全然流れている道での
渋滞だったので結構焦り、
イライラしました。

そんな時に車から見かけた日常の風景が
なんかよかったので漫画にしました。

まあなんていうか日常にある
普通の風景なんですけど、
ぼくの場所からの見え方が
なんかよかったんですよね。

最初になぜか変な場所、
マンションの出入り口なので
ともすれば迷惑になってしまいそうな場所で
止まっている自転車に乗った
おじいさんを発見。

なぜか遠くを見つめていて、
「どうしたんだろう?」って思いました。
するとぼくの目線の左から
これまた自転車で進んでくる
おばあさんが来ました。

「ああそうか、すれ違いたいから
ちょっと広めな場所で待ってたわけか」
って分かりました。

で、すれ違いざまの一瞬で、
おばあさんが会釈をして
おじいさんも会釈をしていました。
それがなんか良いなって思いました。

ぼくは車移動がメインなんですが、
車の場合はこういう時って
ままあるんですよね。

車の場合はすれ違う時に手をあげたり
クラクションをプッと短く鳴らしたり。
まあでも手をあげても
相手に見えているかわからないし
(ぼくが動く時間は夜なので手はほぼ無理)
クラクションは人によっては
「なんだよ」って思う人もいそう。
ぼくの場合はクラクション鳴らされても
ちょい驚くのでいらないなー
とか思ったりします。

っていう感じで、車での場合は
なんかやりとりがうまくいかないなー
なんて思ったりしていたんです。

で、昨日見たこの自転車の譲り合いは
実にスマートで自然で
「なんかいいなぁ」って
素朴に思ったんですよね。
粋というか。

ぼくの場合は譲ってもらったら
恐縮する感じで「あざっすあざっすー」って
言わないけどそんな感じで
ペコペコしながらそそくさと
通り過ぎると思います。
なんかダサいですよね。

譲る側だったとしたら会釈されたら
まあ会釈で返すとは思うけど、、
と考えていると、案外
「譲ってもらってさも当然、
なぜならそのほうが合理的だから!」
みたいな感じで何もせず通り過ぎる人って
たまにいるんですよね。
まあ腹立つほどじゃないけど、
そういう人がいるからなのか、
なんか昨日見たやりとりは素敵だなと、
なんか記憶に残りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました