【Win Win Wiiinでアメトーーク 復帰は遠のく?】雨上がり宮迫とオリラジ中田がYouTubeで新番組

テレビ・ラジオ

雨上がり宮迫とオリラジ中田が
YouTubeで始めた番組
『Win Win Wiiin』が面白かったです。
ゴールデンのテレビクオリティの番組が
YouTubeでも見れるようになったんだなー
って感じでした。

Win Win Wiiin

この番組は現在テレビ出演自粛中の
雨上がり決死隊宮迫博之と
youtubeで300万人以上の
登録者数を誇る
オリエンタルラジオ中田敦彦が
ダッグを組んだ番組です。

今youtube界で勢いのある人を
ゲストを招き、中田が宮迫に
そのゲストをプレゼンするトーク番組。

アメトーークの司会で
話を広げることに長けた宮迫と、
プレゼン力が素晴らしい中田の強みを生かし
ゲストを紹介することによって
3者ともメリットがあることから
winが3つで『Win Win Wiiin』
ってことみたいですね。

先日第一回目が前半は中田のチャンネル
後半は宮迫のチャンネルと分けて
配信されました。

新しい番組ですがyoutubeのチャンネルが
新しく立ち上げられるわけではなく、
各々のチャンネルに前後半が分かれて
配信されるスタイルのようです。

各々の既存のチャンネルに
キラーコンテンツが加わった形
になりますね。

普通に面白い番組が始まったって感覚

『Win Win Wiiin』はオープニングから
かなり作り込んでいて、
テレビとなんら遜色のない番組
って感じでした。

ゲストも元ジャニーズの手越祐也
ということで豪華なキャスティング。

まあ宮迫が未だテレビに出れていない、
手越祐也は事務所をやめたばかりで
テレビでは露出が少なかったっていう点から
youtubeでしか実現できない
プレミアム感がないこともないですが、
クオリティが高すぎてyoutubeって感じは
全然しませんでした。

ってわけで
「youtubeでしか実現できない売り」
みたいなのは実は感じなかったんですね。
テレビ慣れ?というか
人から見られるのが慣れてない素人感
みたいなものがyoutubeの良さの
一つにあると思うんですが、
(芸能人でクオリティ高くても
編集に手作り感あったりするとことか)
そんなのは微塵もありませんでした。
なんてったって観客もいましたからね。

なので見る側としては
テレビでやればいいじゃん
って思うんですが、
まあ事務所の軋轢もあるだろうし
何より演者が自分たちで好きなようにやれる
っていう点が作る側からしたら
大きいんでしょう。

個人でこれができるようになっていったら
テレビっていよいよオワコンに
なってくのかななんて思いました。

強みは余韻の回収

面白さだけでいうなら
独自性はそんなになくて
やっぱり先に書いた通り
「普通に面白いテレビ番組はじまったなー」
って感じではあるんですが
youtubeならではの良いところがあり、
これが強みだなと思いました。

それは各々のチャンネルで
裏側も見せている
ってところです。

収録の裏側のゲストとの立ち話や、
リハの模様など(中田が仕切って
宮迫に説明している感じが面白かった)
が見れるんです。

こうしてエンタメが作られていくんだな
っていう今まで見れなかった部分
が見れて興味深いです。

もちろん裏側を見せることだったり
時間制限がないためオフも永遠と
垂れ流し放送するっていうのは
ネットの強みでもあり
これまでもたくさんあったけど、
テレビクオリティの番組の裏側というのは
初めて見た気がします。

面白かったのは宮迫が裏で
手越と顔合わせの雑談で受けたトークを
本番のトークで使っていたところ。
そういうところからちゃんと
ネタを作っていくんですね。

こういった裏側の
NG集の面白さみたいな部分も
きっちり回収しているのがニクいですね。

あとは見た後の余韻というか
興奮を共有できるのも強みだと思います。

裏側の動画を見ることもそうですが
チャンネルに寄せられたコメントを
見るだけでも共感共有できるし
余韻に浸れます。
さらに、この番組に派生してゲストも
この日の収録の延長で動画を配信
したりするので幅広く楽しめます。
コラボの強みですね。

これがテレビ番組だったらいちいち
Twitterで検索して、
みたいなことになったりしますが、
そのままコメント欄を見て
感想を言い合えるのが良いですね。
それってyoutubeなんだから
当たり前じゃんって思いますが、
繰り返しになりますが
テレビクオリティの番組でこれができる
っていうのが新しい感じがしました。

でもアメトーーク復帰は遠のく?

というわけで雨上がり宮迫とオリラジ中田の
『Win Win Wiiin』の初回を見ての
感想でした。

これが始まるってネットで知ったときは
「宮迫、アメトーーク復帰してないのに
youtubeでトーク番組始めちゃうの?
なんか喧嘩売ってる感じにならない?」
って思ったりしたんですが、
ここはどうなんですかね。

まあ自由に活動すれば良いし、
面白かったから個人的にも良かったなー
って思いますが、
アメトーーク側を想像すると
「あ、そっちでやりたいことやれてるのね、
じゃあこっちも宮迫なしで回ってるし、
このままの感じで!」ってなりそうです。

宮迫はテレビ復帰の
意欲はあるみたいだけど、
テレビとなんら遜色のないクオリティの
番組ができるようになったってことで
この番組が続いたとしたら
この考えは変わり、
それこそがまた一つ、
テレビとyoutubeの
パワーバランスの変化の象徴

なるような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました