宮迫はくずだった?山口智充がダウンタウンと久しぶりの共演【ダウンタウンなう】

テレビ・ラジオ

記事タイトルが思い浮かばなかったのでなんだかネットニュースみたいなタイトルになってしまいましたが、『ダウンダウンなう』を見たら面白かったって記事になります。

山口智充がゲスト出演していたんですよね。グッさんとの相性で人気だった山口智充さん。そう言えば最近テレビでは見ていません。ダウンタウンとも久しぶりの共演のようでした。

伝説的番組『リンカーン』

ぼくはグッさんと言えばTBSの伝説的な番組『リンカーン』の初期メンバーとしての印象が強いです。

あの番組が始まった当初は、ダウンタウン、さまぁ〜ず、キャイーン、雨上がり決死隊、山口智充と、面白い人たちが全員揃った感のある番組でした。冠番組を持つクラスの芸人が何人も揃って、特にダウンタウンとさまぁ〜ずの共演がとにかく嬉しかったっていう記憶があります。

スタジオ収録ではレギュラーメンバーの他にバナナマンとかおぎやはぎとか品川庄司とか若手実力はが大勢いて、なんとも豪華なお笑い番組が始まった、って感じでしたね。

素人目でも「大御所芸人がレギュラーでこんな若手実力はもいて、出演ギャラ半端ないだろうに、やっていけんのかよ」って思っていました。で、豪華なだけじゃなくて実際に企画も面白い神番組でした。

それがいつの間にかグッさんだけがいなくなったんですね。何のアナウンスもされずに。

全員揃った企画が毎回あったわけじゃないから、ぐっさんがいなくなったのはすぐには気がつかず、フェードアウトって感じで、「あれ?最近グッさんいなくない?」って感じでした。

何も知らされなかったので、ダウンタウンとの不仲が原因?みたいな噂が立っていたような記憶があります。

この辺りの真実が今回久しぶりのダウンタウンとグッさんとの共演で語られるかなって思いましたが、残念ながらここへの言及はありませんでした。まあ『ダウンタウンなう』はフジテレビだし『リンカーン』はTBSですしね。

実際のところはたしか、グッさんに新しいレギュラー番組ができて、それが裏被りだか撮影日の都合だかでグッさんはリンカーンを辞めたらしいですね。まあ、これも噂ですが。

そもそも、テレビは不仲とかで共演がなくなるってのはあまりないらしいです。以前ラジオでテレビ製作者が語っていましたが、収録日の関係や裏番組の関係などでスケジュール的に出られないというのが実情のようです。物理的に出れないんですね。

山口智充の今

グッさんはちょっと前にレギュラー番組がなくなったってネットで話題になっていたようです。

言われてみれば最近テレビではCMくらいでしかみなくなりました。ぼくはサッカー番組を見たりするので、どちらかというと相方の平畠の方がここ数年は目にしているかも。

平畠と言えば圧倒的”じゃない方芸人”だったわけですけど、サッカー経験を生かして、コアなサッカー番組には出演している印象です。

今ではコンビのDonDokoDonとしての活動はないし、二人で話し合って活動しないと決まっているようです。事実上は解散って状態ですね。

そもそも出ていないコンビだから、解散発表もおこがましいとのことでそのままになっているみたいです。たしかに、お笑い芸人〇〇が解散って、ナタリーあたりで見出しになっていても「誰やねん」ってことが多いので正しい選択なのかもしれないですね。

そんなグッさんはレギュラー番組がなくなっても、焦りなどは全くないと言っていました。このあたりの考え方が結構現実的な上にサバサバしていました。

他にも、今のテレビ番組だったりお笑いに対してだったり、自分の主張がしっかりある人っていう印象がありました。そう言えばグッさんってとにかく芸の人って感じで、パーソナルな部分は知らなかったので、主張があるってこと少し以外でした。

意外に本音の人って感じで、発言一つ一つにダウンタウンへの忖度もないし、すごく印象が良かったです。嘘臭さがなく、今の時代にものすごくあっている人っていう気もしました。

宮迫はホントにくずだった?

グッさんと言えば多芸でお馴染みです。モノマネのクオリティが圧倒的で、その上音楽の才能もあります。雨上がり宮迫とのデュオ”くず”の『全てがぼくの力になる』って曲では、オリコン1位を獲得しています。

当時は結構印税が入ってきたようです。この辺の宮迫とのエピソードが面白かったです。

曲はグッさんが作っていたようですが、それだと印税の多くはグッさんの方に入ってきます。これに気づいた宮迫はグッさんに「ぐっさん、俺曲作るわ」と言ったようです。

この流れで言われると、もう、「金のために俺も作るわ」にしか聞こえないですが、、

曲を作ったことがない宮迫はレポート用紙に一行だけ歌詞を書いてグッさんに渡します。そしてあとは頼むわってなもんで「これで作っても一応俺の歌にしてな」と。

物凄いやり口です。まあ、笑いを含んだノリで言ったことなんだとは思いますが、どれだけ本気だったんですかね。

松本が「それが宮迫」と言っていたのがリアリティありました。こういうエピソードから宮迫の人間性が垣間見えるんですよね。酔ったらヤバいとか。

グッさんはこの件に関して宮迫は「設定じゃなくてくずだった」と締めくくっていました。

新ネタ見たかったなぁ

というわけで久しぶりにグッさんを見ました。

いまだに、出てきた頃のヒクソン・グレイシーのモノマネとギターを弾いてハイテンションな感じのキレッキレなぐっさんの芸のインパクトが頭に残っています。

なので、なんかモノマネの新ネタとかもやって欲しかった気がしました。そういう意味ではちょっと物足りなさもありましたが、グッさんはあいかわらず変態で面白かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました