深夜のコンビニ店員の圧【アラフォー日常漫画132日目】

漫画日記

仕事の現場の流れで1ヶ月に一回くらい、
深夜に立ち寄るコンビニがあります。
そこは、なんというか、
ちょっと買い物しにくいコンビニなのです。

というわけなんです。
深夜のコンビニなんて、
だいたい作業をしているか
裏でサボっているかで、
客がレジに行くとようやくレジに来る
というのが普通です。

しかしこの店は、わざわざ作業を止めて
(まあ、ここまではいいかも)
レジに立ち
(まあここまでも変ではない)
微動だにせずまっすぐ
先を見つめているんです。
(これが怖い。圧がすごい)

もちろん目線に入らなければ
気になりませんが、
その人が立つレジって
ちょうど一番奥の通路で、
壁側には弁当やおにぎり、
その対面にはパンがある通路
(まあほとんどのコンビニがそうですよね)
が一望できる位置なんです。

まあもっと絵でわかりやすく
表現できれば良かったんですが、
2枚目の1コマ目の感じです。
で、そこで一番選びたいわけですよ
ぼくとしては。
ぼくにとっては昼飯になる
パンやおにぎりを買いに行くので。

でも、じっと見られている圧があって、
落ち着いて選べません。
さらにいえば今の時期、
ホットドリンクが飲みたいわけです。
そうするとレジに最も近い場所で
立ち止まって選ぶことになります。
そうすると圧を全面に受ける形になります。

ぼくの想像としては、
深夜で全く客が来ないから
作業に集中できるのに客が来やがった、
来たならきたでさっさと会計させて
またすぐ作業に戻りたい、
などと思っているんじゃないかなと。
その気持ちが
行動に表れているように思うんです。
もしくは超絶真面目な人か。

どちらにしろ、
レジで微動だにされるのは
落ち着かないので、
なんか作業とかしてる風でもいいし、
目線をそらすくらいはしてほしいです、、、
店内で一対一の状況でこれは結構怖い。

あと、ぴえんの使い方
これであってるんですかね?

そういや今回、
いつもよりもより漫画っぽいものを
描いたなと思っているんですが、
漫画ってやっぱ難しいですね。
様々な構図や背景が描けないので
なかなか漫画として成立できない感じ。
今まではほぼ正面絵だけだったし、、
あと、ぼくは絵の下手さは
色を塗ることで多少誤魔化せると
思っているんですが、
この漫画風のに色を塗るとなると
めちゃくちゃ時間がかかりました。
やっぱ漫画って
白黒じゃないと難しいですね。
でも白黒だけで表現するというのも
また難しい。
せっかく女の子描いたから色つけたいな
って思うけど、白黒だけにしたほうが
収まりが良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました