芸能人YouTuber時代でエンタメ供給過多【初心者日常漫画57日目】

漫画日記

今やたくさんの芸能人が
YouTubeに参入していますね。
見る側としては嬉しい限りです。

でも、案外見ていないんですよね。

もともとメジャーなテレビに対して
マイナーでアングラ的だったネット
って構図があって、
芸能人がYouTuberを
なんか下に見ている感じ
ってあったと思うんですよ。

でも、最近になって
稼げるということが分かったのか、
普通にやり始めている感じが
イメージ悪いんですよね。
まあ「YouTubeつまらん」
って言っていた芸能人と
YouTube始めた芸能人は
一致しないと思うので
やってる側からすれば
風評被害ではありますが。

で、やるのはいいけど
ネットミームを使ったりして
ネットに合わせてきている感じは、
ちょっと萎えるんですね。
もともとある個性で戦えば良いのに
って思ったりします。

それが似合う人もいるし、
気にならない人もいるけど、
なんか「この人がこれやっちゃうのかー」
っていうのを今日見て、
ちょっと残念な気持ちになりました。

っていうようなモヤモヤもあって、
興味はあるのに見ていないのかなーって
思ったりしたんですけど、
考えてみると、そのことよりも単純に
自分のキャパオーバーで見ていない
ってのが正解だなと思います。

まあ何度も書いてますが、
ぼくは積読ばかりだったり、
見たいYouTubeを
ブラウザのタブに開きまくりの
先送り人間です。
処理能力が低いんですね。
見たい欲と処理能力のバランスが悪いです。

定期的にSNS疲れとか言って
〇〇疲れが話題になりますが、
今のぼくは芸人youtube疲れかもしれません。

エンタメがあふれていることは良いことです。
見たいのを選択できるわけで、
ぼくのようにキャパオーバーなら
見なければ良いわけで。

ただ、なんか今日は、とある芸人で
いかにもそんなのやらなそうな人が
「〇〇してみた」っていうタイトルで
動画を上げているのを見かけたので
なんか色々思うところがあったって感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました