絵を描き始めて良かった2つのこと【アラフォー日常漫画130日目】

漫画日記

ぼくはコロナ禍で何もやることがなくて
絵を描き始めました。

絵を描き始めて
良かったことが2つあります。
一つは漫画に思ったことを描けること。
もう一つは
女の子を描くのが楽しいってこと。

漫画に思ったことを描ける

まず一つ目です。
ぼくはもうブログを
5年くらいやっています。
なんとなくブラインドタッチが
できるようになったらテンション上がるな
とかで始めた気がしますが、
正直なところ
「ブログで稼げんじゃね?」
みたいなこともありました。
しかしそんなことは無理ってもんで。

ただ、
自分の思っていることを表現するには良いな
ってことでなんとなく続けてきました。
しかし、どうやら向いていないんですよね。
ブログってせいぜい1000字くらいは
必要かなと思うんですけど、
ぼくにはそんなに書きたいことも
言いたいこともないんです。
なんだろう「5月って気持ちいよねー」
とか「昨日のバルサの試合
最高だったよねー」とか
一言で済むようなことです。
Twitterで十分な内容です。

思考する量が少ないので
2、3行で済むような感想ばかりです。
それを無理やりブログネタにして
引き伸ばして書いていました。

漫画を描き始めると
そんな2、3行の感想でも
1ページの漫画になるし、
それでなんとなく
モノを作り出した感があって
満足するんですよね。
例えば文章で、
「パスタを束ねてるテープって
取れにくくてイライラするよねー」
って書いたらそれだけですが、
それを漫画にすると、
なんとなく作品感があって
自分の思い出にも残っていい感じです。

女の子を描くのが楽しい

2つ目、
女の子を描くのが楽しいんですよね。
まあ男なので女の子が好きなわけです。
んで、自分が可愛いと思う女の子を
描けるから楽しいし嬉しいわけですね。
なんか文章にするとキモいですが
ホントなんでしょうがない。
しかも、うまくなればなるほど
女の子は可愛くなっていくんです。
こりゃ楽しい。

とはいえ、
ただ描くのもなんなので
自分の漫画に女の子をだそうと思いました。
しかしぼくの漫画は日常漫画であり
ノンフィクションです。
女の子が出てこない。なので描けない。
じゃあストーリー漫画を作ればいいじゃん
って思うけど、
何も思いつかないので無理です。

そんなことを思いながら
チャンスがあったら女の子を
無理やり登場させて今まで描いてきました。
他人を女体化したりしてね。

まあそれに限界が来たような気もしたので
今回はついに
自分を女体化してしまいました。
そうですバ美肉です。
あ、でも、この場合は
バーチャルじゃないから美肉、
つまり美少女受肉?
まあよくわかりませんが
自分を女の子として日常漫画を描きました。
目的は女の子を描くこと
だったりするのでストーリーはありません。
なんでまあ面白みはないですが、
描いていて楽しいので続くかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました