岡本社長の会見で闇営業問題泥沼化?芸人コメンテーター時代の影響

お笑い

吉本の芸人が直営業をしていた相手が実は反社会勢力だった件、もはや芸能史に残るような一大事になっていますね。

ぼく個人としては、これまで通り、「ただただ吉本芸人の面白いコンテンツが見たい」という気持ちがあるだけなんですが、、そう思うのが能天気なような気がしてしまう昨今。

どうしてこうなってしまったのか

この問題、どうしてここまで大きくなってしまったんでしょうか?

まず、忘れてならないのは「宮迫博之の嘘から始まった」ということですね。映像の証拠があるにも関わらず、「お金は受け取っていない」というあからさまな嘘をついてしまったことで炎上しました。

(個人的に最初に思ったのは直営業による脱税問題でしたが世間的にはそうでもなかったですね、お車代とかならみんなやってるから?)

ただ、とっさの嘘はついてしまうものだし、嘘はついてしまうものだと思います。嘘をついたことのない人間っているんですかね?ちなみに僕は嘘つきまくりです、ちょっとした嘘はついてしまいます。

で、ことの発端になっていた嘘をついた芸人たちが謝罪会見をしました。真摯な態度で嘘なしの謝罪会見でした。

それを受けてグダグダな会見をしたのが吉本興業の岡本社長。ここに嘘はたくさんあったんじゃないだろうかと思います。決意がない、決意がないからこそふわふわと反応しているだけの感じでした。(長いのでぼくは岡本社長会見は全ては見ていないんですが、、)

この会見に納得できない芸人はたくさんいるようで、次々と芸人たちのツイッターが更新されていました。ということで泥沼化しそうだなと思います。

要するに、この問題をめぐって「吉本興業やべえ会社だ」という新たな問題が噴出してしまったわけです。

芸人コメンテーター時代の影響

新たな問題は根深いですよね。芸能界の背景と関わる問題なので芸能界自体の闇とも言えます。(ギャラ安いの嫌だから事務所辞める→辞めても干されるから辞められない、などの問題とも繋がっている)

ただ、こんなに表立ってメディアに露出する問題でもないような気がします。同じようにジャニーズの圧力も問題になっていますが、テレビで扱われる量が全然違いますよね。

なぜこうなっているのかというと、芸人がコメンテーターをしているからだと思うんですよね。当事者に近い人が世の中のニュースに意見する番組に出ているため、語りしろが多いという。

その場にいるからそりゃ聞くよね、いるなら何かしら答えなきゃいけないよね、という話です。情報が多いからネタになることも多いので時間が使える、使わざるを得ないんですね。

もはや今は、芸人コメンテーター時代です。芸人がワイドショーに出て世の中の様々なニュースを切っています。

これまでも、空気は読めるし喋れるからという理由でマルチなイメージのある芸人がワイドショーに出ることはあったと思いますが、いわゆる第一線の、笑いだけで食っていけている芸人がコメンテーターに出ることはなかったとぼくは記憶しています。

なんとなくですがフジテレビ「バイキング」以降、この流れが顕著になったんじゃないかなと、、

というわけでワイドショーで芸人が正論を吐くことが普通になったため、芸人の地位が向上したような感じもあるし、芸人の真剣な表情(笑いの緊張と緩和のための緊張じゃなく、ガチの緊張)を見ることも増えてきて、芸人自体が損しているような気がしますね。そんなんで道化になりきれるのかと思っちゃいますが、、

キングコング西野が言っていますが、芸人として仕事するなら芸人は正論を吐かなきゃいけない場に行ってはダメなんでしょうね。

情報番組のコメンテーターとして活躍している先輩芸人が「芸人も品行方正を求められるようになってしまった…」と嘆いていたので、「あなたが芸人のクセに間違ったことをせず、コメンテーターとして正論を吐き続けているからじゃないっすか?」とアドバイスをしたら、めちゃめちゃヤバイ空気になってしまったキングコング西野です。

自分達の致死率をあげるTVタレント_西野亮廣ブログ

岡本グダグダ会見を受けて芸人が声を上げてるけど

岡本社長のグダグダ会見を受けて、この件に深くは関わっていない(ように見える)吉本芸人たちがツイッターで個人的な本音だったり告発だったり愚痴のようなものをコメントしていますが、それはぼくはなんか違うなあと思いました。

現状、問題解決に働きかけることができると判断したから松本人志が動いているわけです。要は上司が動いたと。

じゃあ平社員である芸人はそれを一旦は見守れよと思うんです。各々コメントを上げるだけでは違うんと思うんです。コメントするならば、それを組合という形でもなんでも人数としてまとめあげてから戦って欲しいです。

芸人コメンテーターはその道を選んでいる人だからしょうがないとしても、SNSでの発言はもうちょっと待ったほうが良かったんじゃないじゃないかなと思いました。

面白いコンテンツを見たいだけ

まあみんなそうだと思いますが、ぼくが芸人に求めるものは笑いです。笑いたいから芸人が出ている番組にチャンネルを合わせます。面白いコンテンツが見たいだけなんです。

芸人が芸人の視点で世の中のニュースを切るのも面白いですが、それは第一線の芸人がやることなのか、疑問があります。

芸人は全てを笑いに変えられる存在です。ただ、それは環境、空気があってこそ。ワイドショー番組の空気の中では笑いに変えるのは難しいし、あえてチャレンジするような価値はないと思います。

こんな身内での問題がある場合の距離感としては、テレビでもトーク一筋の番組とか、ラジオあたりで笑いに変えるくらいがちょうどいいはずです。

表に出る商売だから聞かれたら答えなきゃならない状況というのはあるでしょう。ただ、芸人はこの問題とはこのくらいの距離感で付き合っていいんじゃないかと思います↓

ぼくが最近で一番笑ったのはオードリーのオールナイトニッポンです。オードリー春日の結婚発表10日前の浮気の報道に若林がブチギレた回です。最高に笑いました。若林はコメンテーターの仕事のオファーはずっと断っているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました