ウォーキングという名の深夜徘徊に行ってきた【初心者日常漫画88日目】

漫画日記

運動不足の解消のため、
ウォーキングに行ってきました。

いろいろ考えて深夜の2時からスタート。
人に合わず、
新聞配達のバイクもいない時間帯です。
夜勤労働マンのぼくにとっては
まだ昼くらいの感じです。

運動目的のウォーキングのつもりですが、
まあ端から見ると深夜徘徊ですよね。
ウォーキングするほどでもない
働き盛りの年齢で長身で
長髪をゴムで縛ったヒゲ面の男性が
丑三つ時に歩き回っているわけです。
完全に職質案件。
とりあえず人に合わなくてよかった。

歩いてみると改めて気がつくことが
いくつかありました。

そもそも歩くことって”移動”ですよね。
歩くのが目的ではなく、
移動したいから歩いているわけです。

ぼくは歩くことだけを目的としたことが
これまでの人生で
なかったかもなと思いました。

移動となにが違うかって、
手ぶらってことです。
普段の歩きは移動なので
バッグとか持っていたりして
歩きにくかったりするけど、
手ぶらで何の目的もなく歩くというのは
なかなか快適で気分の良いものでした。

そういえばただの散歩じゃん
って思ったんですけど、
ぼくはただの散歩ってこれまで
したことがなかったかもしれません。

子供の頃に犬を飼っていた時は
散歩していたけど、
それは犬のための散歩であって
単なる散歩じゃなかった。

なので、純粋に「ただ歩く」
ってことは初めてな気がして
ちょっとよかったです。

なんとなく歩き方を意識してみたりすると、
なにも考えずに歩いていた自分の動きが
どうなっていたのか
ってことに気がついたりします。

ただまあすぐ飽きました。
目的がないし、効果もわからない。
なんか真っ暗でちょっと怖い。

テクテクライフって位置情報ゲームを
やってみたけど、
歩きスマホするしかない仕様だったり、
そもそも楽しさがわからなかったので
やめてしまいました。

ただ歩くのは最初の数分は楽しかったけど、
すぐ飽きました。
移動する目的もないのに
なんで歩かないといけないんだ
って気持ちになったりしました。

ってわけで軽くジョギングしました。
これは楽しかったですね。
ほんと久しぶりに走りました。
で、じんわりと汗もかくので
なんか達成感がある。

「歩く」から「走る」になるだけで
急に運動感が出て、
やってる感に満足したんですね。

ジョギングは自分に合っている気がします。
今後はジョギングメインで
考えようかなと思っています。

深夜に歩いていてもし人に会ったら
深夜徘徊している怖さを
感じさせてしまう気がするけど、
ジョギングだったら
「こんな時間に走ってんのかよ」
くらいの印象に落ち着くと思います。
ただ歩いてるだけだと目的が分からなくて
理解できないから怖いと思うんですよね。

それに走る方が足音が出て
存在を知らせることができて良いはず。
これは真っ暗な深夜では反射板並みに
大事なことな気がします。

が、ジョギングってハマりすぎると
むしろ健康を損なうなんて話も聞くし、
ずっと運動していないぼくが
急に始めるのも膝が怖かったりするので、
ゆるくやって行こうかなと考えています。

ウォーキングは、、
ちょっと無理っぽいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました