プロフィール
右枝

働きたくないアラフォー子供部屋おじさん。
音楽専門卒→フリーターバンドマン、夜勤15年→無職へ。
2021/12/1から無職ニート生活。
ニコニコ漫画に1ページ日常漫画投稿中↓
話し相手がいないからここに描く。

右枝をフォローする

【M-1グランプリ2021】一番笑ったのはランジャタイ、優勝すると思ったのはオズワルド、優勝して欲しいのは錦鯉

お笑い

今年もM-1の季節がやって来ました
無職になって暇だったので
敗者復活戦と決勝を生で見ました

錦鯉の優勝はなんか泣いてしまいましたね
別に錦鯉に思い入れとかないんだけど
本当に感動させてもらったし
笑わせてもらいました

敗者復活戦、レベル高いって言い過ぎ

メンバーからすると
決勝進出した組が多かったり、
ぼくでもほぼほぼ知ってる芸人
ばっかりだったので例年より
レベルは高いんだろうなと思います

ただ、そういうアナウンスをされすぎて
ハードル上がったのかなと思います
正直、爆笑するネタはなかったです

みんな掛け合いとか技術レベルは
すごいなと思いました、が、
その前に何やるかの設計図というか本、
っていうかネタが、ネタ自体の発想が
そんなにすごいのがなかったのかなと

普通に面白い組が続くけど…
っていう感じ

ただこれはぼくの集中力の部分もあるかも…
漫才はやっぱりちゃんと集中して
みないといけないネタが多いですからね
ちょっとぼんやりと見ていました

面白かったのは
ハライチ、マユリカ、カベポスター、
からし蓮根、金属バットでした

個人的に好きなので
金属バットに上がって欲しかったです

彼らはネタっていうか
本当にその場でやってる感が凄くて、
だからこそネタというか二人の会話に
引き込まれて笑えるから大好きです

毎年思うけど敗者復活が1番手でいいだろ

今年もえみくじでネタ順が決まりました
毎年思うんですが
敗者復活が1番手でいいだろ

っていうかそうじゃないと
ストレートに勝ち上がった組に
フェアじゃないと思うんですよね
敗者復活組は一度は残れなかった組なので…

それでいてこの大会は
どう考えても1番目が不利です
それは歴史が証明しています
1番目に選ばれた瞬間に
「ああもうこの人たちの優勝はないんだな」
と決まっちゃうようなもんだと思います

だからこそ
一度は落ちた敗者復活組が一番手で、
屋外でネタをした勢いそのままに出れば
大会的にも盛り上がるし
決勝に勝ち上がった組に対しても
フェアでいいと思うんですよね

去年は1番目が敗者復活組だったから
良かったけど、
今年はモグライダーで
モグライダーのネタは本当に良かったから、
1番目でかわいそうすぎると思いました

ファーストラウンド

モグライダー

美川憲一の「蠍座の女」だけで
持ってく感じ、発想が面白すぎる
大好きなネタだった

ランジャタイ

今回のメンバーだと
ぼくは一番好きなコンビ

面白かった腹抱えて笑った
馬鹿馬鹿しくて大好きで
でもなんで好きなのか
言語化できてなかったけど
確かサンドウィッチマン富澤が言っていた
国崎の演技力があるから笑えてるんだなと

ゆにばーす

審査員がしきりに上手くなったって
言ってたからそうなんだろうと
ただぼくとしてはこの人たちは数年前の
「翼の折れたエンジェル」
を歌った瞬間がピーク
というか
面白すぎてそれがちらつくので、
そこを超えてほしいなと

ハライチ(敗者復活)

敗者復活で確かに面白かったけど
時間オーバーしていて
それをまたネタにして
ネタ中に笑いをとっていたので、
これがアリになると来年の敗者復活は
どうなるんだろうとちょっと思った

新しい形にチャレンジしていて
それで面白かったからすごい

驚きとピークの箇所がちょっと早かった?
最後は見慣れしまった

敗退した去り際の岩井エモすぎた
エモいって言葉使ったことないけど、
こういう時に使う気がする

真空ジェシカ

初見
小ボケが面白い
その中に理系のおばあちゃんとか
ミッキーは一人じゃないっすかとか
パンチラインが多い

オズワルド

発想と技術、両方ある
パラメーターの全部が高い感じ
優勝する感じがあった

ロングコートダディ

発想が面白い
組み上げられてて良い
ワゴンRは良かったけど…
他の組が強すぎる感じ

錦鯉

年齢発表以降の
怒涛の盛り上がりがすごかった
最初から最後までの流れで
面白さの上昇率は
文句なし1番
って感じだった

インディアンス

怒涛のボケがずっと続いて
でも飽きなく最後まで面白かった
恐怖心のやつ…東京行ったらしいな
がめちゃくちゃ面白かった

もも

初見
偏見漫才、しゃべくりで最高
初見だけど実家のような安心感

ファイナルラウンド

インディアンス

面白い、面白いけど
ぎりぎり1本目より弱いかなと

錦鯉

バカと冷静の落差が最高
「森に逃げ込んだ」
「じゃあいいじゃねえかよ」
が最高に面白かった

オズワルド

まとまってる
完成度がすごい
繋がっていく笑いってより
単発でたまにツッコミが面白いって感じ
オズワルドはとにかく1本目がすごかった
ので、インディアンスと同じく
ぎりぎり1本目より弱いかなと

一番笑ったのはランジャタイ、優勝すると思ったのはオズワルド、優勝して欲しいのは錦鯉

というわけで
M-1グランプリ2021の感想でした
今年の決勝はかなり面白かったです
敗者復活戦が前評判よりは
期待外れだったのでどうかと思ったけど、
決勝は別物でした
やっぱり決勝に行く組は
レベルが一段上がってるなと思いました

ぼくが今大会で一番笑ったのは
ランジャタイです
まあこれは完全に好みですね
十分大会をかき回した気がするけど
やっぱり出番が…
もう少し遅かったら
もっと爆発してたんじゃないかと

優勝するんだろうなと思ったのは
オズワルドです
ファイナルラウンドに進んだ3組とも
1本目うよりも少しだけ、
ほんの少しだけ落ちるなって思いました

なのでこれは近年稀に見る難しさだなと
客観的に見ても
どこが優勝でもいいなっていう感じ
そう思ったのは久しぶりな気がします
2組で迷うときはよくあるけど

なので1本目も併せて考えて、
審査員票が集まるのは
オズワルドになるのかなと予想
しました

3本見て、
優勝して欲しいなと思ったのは錦鯉でした
彼らが優勝するのを見たかった
そしたら優勝したので…
本当に泣いてしまいました

1本目の尻上がりの勢いを思うと
2本目はほんの少し弱かった気がするけど、
どの組も2本目が落ちる気がしたので
文句はないですね

やっぱり、
おっさんが頑張る姿におっさんは弱いです
勇気をもらいました
本当にいい大会だった

しかし、
M-1チャンピオンとしてのスケジュールを
まさのりさんの体力で乗り切れるのか、
ちょっと心配です…

コメント

タイトルとURLをコピーしました