プロフィール
右枝

働きたくないアラフォー子供部屋おじさん。
音楽専門卒→フリーターバンドマン、夜勤15年→無職へ。
2021/12/1から無職ニート生活。
ニコニコ漫画に1ページ日常漫画投稿中↓
話し相手がいないからここに描く。

右枝をフォローする

【ダウンタウン漫才】あれが伝説になってしまったという寂しさと悲しさについて【伝説の一日】

お笑い

吉本興業創業110周年特別公演
「伝説の一日」の
ダウンタウンの漫才を見ました

まあよくネットニュースになっていて、
久しぶりのダウンタウンの漫才
すごかった的なものを
いろんなところで目にしました

ぼくの感想としてはタイトルの通りで、
あれが伝説になってしまったのか、
と思って寂しさと悲しさ、
時間の経過、時代の移り変わりを感じました

いやまあ伝説ってそのイベント名であって
ダウンタウンが久しぶりに漫才やって
それが伝説ですよねってわけじゃないから
違うんだけど、
なんか伝わり方としてダウンタウンが
また伝説作ったぞ的な流布がされてる
感じがあるんでね

まあ蓋を開けてみれば
ダウンタウンの漫才ではなく、
フリートークだったんですよね

んで確かに面白くて
昔のガキのフリートークが戻ってきたようで
嬉しかったです

しかしまあそれはなんというのか、
ガキのフリートークとしてみれば、
「まあ今回は普通だったな」
っていう感じのものでした
常に面白いガキ使にあって、
真ん中くらいっていう

それを
「若手芸人がみんな袖で
目を凝らして見ていた」とか
「いや本当にすごかった」
とか言って、伝説みたいに
もてはやされてる感じが
なんか寂しかったんですよね

そうなればなるほどダウンタウンが
フリートークをやりづらく
なってしまうんじゃないか
って気がして

ガキのフリートークといえば
ガキ使自体がリニューアルされてから
少し前に復活しました

それで、視聴者の質問に答える
ハガキトークはないにしろ、
ダウンタウンの2人のトークってことで
本当によかったなって思いました

だがしかし、結局数回やっただけで
今はもうやっていません
またなくなってしまったんですよね

だからこそ今回の
吉本興業創業110周年特別公演では
貴重性が増していたんですよね

んでそれを芸人たちが絶賛する
っていう構図です

うーん昔は毎回こういうフリートークを
見れていたわけで、
それもそのクオリティで言うと中くらいで、
もっと面白い時はたくさんありました

で、
最近フリートークを全然やっていなかった
と考えるとめちゃ面白かったんですが、
じゃあできるじゃん!
ガキ使で毎週できるじゃん!
なんで復活したのやめちゃったの?
って思うんですよね

「人志松本の酒のつまみになる話」
でしているようなフリートークを
なぜガキの使いでダウンタウンで
やってくれないのか?
それがダウンタウンのフリートーク好き
としては寂しい限りなんですよね

今回の吉本興業創業110周年特別公演で
あの感じができるなら、
酒のつまみになる話でやっている話題を
ダウンタウンでしてくれ!って思うんですよ

まあコンビ間のことなので
色々あるんでしょうけど

DXでは放送されないところの
アイドリングトークで2人で
軽くトークしているようだし、
それをねぇガキ使で
やってほしいんですよねぇ

あのガキ使のフリートークが、
何か今ではもてはやされるものとして
敷居が高くなって、
ダウンタウンとしても
やりにくくなってるんじゃないか、
って思うんですよね

今回のは笑わしてもらったけど、
同時に寂しさや悲しさも
同じくらい感じたような気がします

コメント

タイトルとURLをコピーしました