座り仕事の腰痛対策のアイディアが思いつかない【初心者日常漫画23日目】

漫画日記

早いもので、コロナ禍に暇で描き始めた漫画も20日以上が経ちました。

絵というよりは記号的な下手な絵ですが、これまで絵を描いてこなかったので、完成形まで仕上げるのに結構時間がかかります。

当然座ってやっているので、腰が痛くなるんですよね。スマホの小さい画面を覗き込んでチマチマ描いているため、どうしても姿勢が悪くなります。

というわけでここ2〜3日は机に大友克洋の『AKIRA』を台代わりに置いて描くようになりました。

これだと目線が上がって背骨は曲がらなくなり腰も立つので腰痛は改善されました。

しかし、今度は肩が凝るようになってしまったんですね。初日は気にならなかったんですが、昨日くらいからちょっと肩がだるいなと思い始めました。

なかなかうまくいかないものです。しばらくはベストな環境を探す旅です。

絵を描くのは結構楽しいので、そろそろ環境整備をしたいなと思ったりします。スマホの小さな画面にタッチペン(それもペンというよりは棒、指先代わりのやつ)っていう状況だと物足りなくなってきたんですね。

漫画以外にアニメ的な絵も描いたりしているけど、それもノートとかもないから昔のほぼ日手帳の余ったページに下書きしたりしています。文庫本サイズなのでこれも小さいんですよね。

やっぱりデジタル絵には必須のペンタブレット的なものが欲しくなってきました。

ペンタブレットには画面に直接かける液晶タブレットと、描いたものがパソコンの画面に反映される板タブレットというものがあるらしいです。要はipadで操作するかトラックパッドで操作かってことと同じですね。

で、直接描ける方が良いなと思ったので液タブか、もしくはipadを買えばそのままアイビスペイント使えるしいいなーと。ipadなら絵に飽きても使い道あるので、もろもろ考えると画面の大きいipad proあたりが理想だなと企んでいました。

しかし腰痛問題が勃発した今、パソコンにタイピングするように描ける板タブレットの方がいいんじゃないかという気もしてきました。

ペン先を見る必要がないので、姿勢が保てそうです。ペン先を見ると前屈みになって頭の重さを背骨や腰の筋肉で耐えなきゃならないので腰痛になるわけわけで。

まあお金がないので遠い未来だなと思っていたんですが、板タブならわりと安いしちょっと考えてしまいますね。

あとは「この画力でプロっぽい道具使うってどうなん?」っていう自分のツッコミをクリアできれば購入に踏み切りたいと思います。

買う前の色々探してる時って楽しいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました