【レンチンで簡単】オートミールをご飯っぽく美味しく食べるレシピ【初心者日常漫画48日目】

漫画日記

オートミールが流行っているようですね。
低カロリーでダイエットにも良いし
栄養価も高いってことで
注目されているようです。

オートミールとは
オーツ麦というものらしく、
あまり見慣れないものですが、
まあ麦です。

なんか見た目は安っぽくて
ウサギの餌みたいな感じですが、
お米みたいな感じで
水でふやかして食べるものです。

初めてオートミールって言葉を聞いたときは
名前の響きからどことなく
「宇宙食とか人工の食べ物なのかな?」
って思いましたが
(〇〇ミールっていう響きと
オートって自動の方かな、
人工的なやつかなって)、
Wikipedia的にはこういうことみたいです。

オートミール(英語: oatmeal)とは、
燕麦(エンバク)を脱穀して
調理しやすく加工したものである。
また英語名の「Oat」から、
オートムギ、オーツ麦、
オートとも呼ばれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/オートミール

どうやら大人気になっているようで。
ぼくが今の分を買ったときは
4キロで2500円くらいだったと思うんですが
今や同じものが倍の
5000円越えになってしまっています。

これまで食べてきた身としては
「倍なら買わないなー」くらいの
好き具合なんですが
でも今のぶんで終わりと考えると
寂しい気持ちです。
有名になりすぎるのも困ったもんです。

というわけで漫画に描いた、
ぼくの朝食のレシピを紹介します。

茶碗に食べたい量のオートミールを入れます
膨らむので思ったより少なめが良いです。
ぼくの場合は茶碗5分の1くらいでしょうか
そこに水を
オートミールが全て浸るように
ひたひたに入れます。
水の量でドロドロ具合が変わります。
この辺は好みですね。

そこに濃縮タイプの麺つゆを、
チョロっと入れて(小さじ1杯くらい?)
軽くかき混ぜます。
麺つゆじゃなくても白だしとかでもいいし、
ここをこだわるとより好みのものが
出来上がりそうです。
ぼくは楽なので麺つゆを適当に入れてます。

これをラップをかけずにレンジで
2分から2分半くらい温めます。
これでおかゆ状のオートミールご飯
完成です。

麺つゆの量によっては
そのままでも美味しいですが、
ぼくはここにふりかけをかけています。
(麺つゆや水が目分量で味が変わるので
濃さによってその日ごとにふりかけで調整)
ふりかけは海苔たまとかご飯の友とか
好みのふりかけを色々試したんですが、
ぼくはごましおが一番良かったです。
はっきりした塩味がつくので良いです。

さらに最近は
ちりめんじゃこを散らして
食感を加えています。
ちりめんじゃこはビタミンDが豊富
らしいので、
夜勤で外に出ず、日光に当たらないぼくは
食べた方が良いのかなと。

こんな感じで簡単にできるんですよね。
時間がない朝にパパッと作れるのが魅力。
パンにバターを塗って焼く程度の作業
しかないです。

他にも、麺つゆの代わりに
永谷園のお茶漬けとかお吸い物とかを
入れても美味しいです。
その場合は1袋は多いので
半袋くらいが良いです。
他にも味噌汁の素だったり、
いろいろなものに合います。
ぼくは毎朝用意するのには楽なので
麺つゆ+ふりかけに落ち着いた感じです。

クックパッドとかで探すと、
ぼくが食べ始めてた当時は
フルーツを入れたりして
甘くして食べるレシピばかりだったんですが
今はちょっとずつ
塩味系のレシピも出てきた気がします。
なので色々探してみると良いかもです。

まあ、めちゃくちゃ美味しいよ!
って勧めるほどの食べ物でもないんですが、
栄養価が高くて作るのも楽で
安い(安かった)ってことを考えると
朝食にはベストだと思います。

ただ、今や価格が上がってしまったので…
みんな飽きて
もう少し価格が落ちてくれば良いんですが…

コメント

タイトルとURLをコピーしました