プロフィール
右枝

働きたくないアラフォー子供部屋おじさん。
音楽専門卒→フリーターバンドマン、夜勤15年→無職へ。
2021/12/1から無職ニート生活。
ニコニコ漫画に1ページ日常漫画投稿中↓
話し相手がいないからここに描く。

右枝をフォローする

【曼陀羅東京】オリラジ中田のボカロ漫画プロジェクトが期待ハズレに終わる

漫画

オリラジ中田のボカロ漫画プロジェクト
『曼陀羅東京』が期待ハズレに終わりました

制作中止になったそうです

曼陀羅東京、結局1話だけで終わる

『曼陀羅東京』とは
オリラジ中田制作の漫画で、
1話ごとにその回の主題歌をボカロで作り
漫画と同時にリリースしていく

という複合的なコンテンツでした

それがまあ、
結局1話だけで終わってしまいました

ぼくは期待していたので、
期待ハズレで、今は残念な気持ちです

ボカロは興味なかったんですが、
話は面白そうだったので
漫画で読みたいなぁって
思っていたんですよね

制作中止とのことですが、
まあ潔くてそれも中田だなって感じで
悪い印象はありませんでした

この中止発表がYouTubeなわけですが、
釣りサムネじゃないところに
むしろ好感が持てました

YouTuberならこんな美味しいネタ、
黒バックに白文字で
「ご報告があります」とだけ記して
動画を上げるでしょう、
あるいは白シャツを着て
神妙な顔したサムネとかね

中止の原因はトラブル、でもまあ人気出なかったからかな

このプロジェクトの中止の原因は
内部のトラブルということで
詳細は明かされませんでした
まあ多くの人か関わってるから
色々摩擦があったようです

ただまあ単純に人気が出なかったことも
理由の一つになってそうでした

なぜならトラブルの詳細は
明かさなかった一方で、
(まあそりゃ誰か悪者に
なっちゃうかもだから
言わなくて正解だろうけど)
あのプロジェクトの何が良くなかったのかと
その後話していたからです

中田が話していたのは、
漫画それ自体よりも
漫画の内容を語る中田の方が面白い

という問題です

中田の話の方が面白い問題

これは中田敦彦のYouTube大学でも
同じ現象があるらしいです

中田の動画を見て紹介されている本を
買ったけど、
中田さんの動画は面白いのに
本自体はそうでもなかったです
って意見があるらしいです

これはぼくも全く同じ印象で、
曼陀羅東京プロジェクトの発表の動画を見て
中田の解説するあらすじを聞いて
「面白そうだ!」と思って
テンション上がって読んだ結果
「うん、、まぁ、、」
って感じになったんですよね

それがぼくが感じたこのプロジェクトの
懸念点であり、
それを超えられれば最高のコンテンツに
なるんではないかと思っていたんです

漫画を読んだ最初の印象がそうでした

中田敦彦YouTube大学の面白さって
やっぱ中田自体の熱量だと思うんですよね
言ってしまえば内容はどうでもよくて
中田の立ち振る舞いの異常な熱がおもろい
ってんでとりあえず再生ボタン押してみる、
っていう感じがあるんですよ

だから中田が曼陀羅東京を紹介してしまうと、
その紹介の方が面白く感じてしまうんですよ、
今のところは

おわり

というわけで『曼陀羅東京』中止は
期待ハズレでした

中田は
漫画はやはり難しい
と言っていました

漫画では幸福洗脳の時も失敗したので
2度目の失敗です
でもまたやりたいと言っていました

でもそういえばボカロの方の
「うっせぇわ」みたいな曲も
50万再生しか行っていなかったので
漫画もボカロもリアクションが
悪かったから中止
っていう側面もあったと思います

いや、50万再生って
意味わからんくらいすごいけど、
やはり300万登録者のYouTuberの
音楽コンテンツが50万再生しか
回ってないのはちょっと寂しいですよね

音楽は動画と違って
何度も聞くってことがあるはずなので

というわけでまあ
個人的には残念な気持ちです
中田とは切り離して
漫画だけでも続けてくれないかなぁ
と思ったりもしますが…

コメント

タイトルとURLをコピーしました