やる気はあるのにピークが合わない問題【アラフォー日常漫画123日目】

漫画日記

無気力人間なので日々やる気が出なくて
困っているわけですが、
そんなぼくでも「やったるで!」
っていう瞬間は訪れます。
ただ、ほとんどの場合、
その瞬間にやれる環境にないんですね。
だからできない。
そういうことなんです。

なんとなく言いたいことはわかりますかね?

例えば本って買う時が一番読みたい時
なんですよね。
でも、その瞬間に読み始められる
ってことの方が少ないです。
出先のちょっとした休憩で
ポチっていたりします。
その瞬間にダウンロードはできても
読めないことも多いです。
そもそも時間があっても
読みかけの本がまだ数冊あるから、
それを片付けてからじゃないと
収拾つかなくなるぞって思って
なかなか読み始められません。
で、読みたいピークがすぎた時に
kindle本棚の肥やしになっている、
というわけです。

テレビアニメも一緒です。
今、進撃の巨人のファイナルシーズンを
見ていますが、
やっぱり一気見したいんですよね。
続きはすぐみたい。
でも1週間待つしかない。
で、なんかのタイミングで見れないと
もうなんか放置してしまいます。
かなり重い話なので
見るのにエネルギーいるなと思うと
なかなか見始めることができません。
これも、前話を見終わった時が
続きを見たいピークなんです。

最後は漫画です。
まあぼくの漫画なんて1ページ漫画で
どうでもいい日常なわけですが、
描いていて楽しかったりするので、
ネタが思い浮かんだら嬉しいんですよね。
で、ネタが仕事中なんかに思いつくと
「よっしゃ!今日は帰ってこれ描くぞ!」
とか思いながら働いているんです。
ただ、
家に帰るととりあえずご飯は食べるし、
ご飯を食べるとなるとお供は動画鑑賞だし、
動画鑑賞が始まるとそれが連鎖していって
youtubeで新たに上がっている動画を
チェックするし…。
そうするといつの間にか
寝なきゃいけない時間になっている、
結局漫画を描けなかったってなるんです。
これもピークは思いついた時で、
その瞬間は仕事中なので
どうにもなりません。

やりたい時にそれができない、
そんなことばかりです。
ピークが合わない。
それができる生活というのが
本当に自由で幸せな暮らしなのかな
と思ったりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました