【老いとの遭遇】初めて自分が老いたと感じた出来事【初心者日常漫画52日目】

漫画日記

ぼくももうアラフォーになってきて、
すっかりおっさんだなと思っています。

今思えば、
もっと若い20代後半くらいからすでに
自虐的に「もうおっさんだからなー」
とかって言っていました。
ただそれは、
本気では思っていなくて
言い訳的な感じで言っていた気がします。
それが今や
完全におっさんを自覚しています。

いつおっさんになったのか、
もちろんグラデーションではあるけれど、
意識したタイミングというのは
いくつかあります。
体力の低下ってありがちですが、
今回は運動能力の低下から、
老いを感じた出来事を漫画にしました。

いつだったか記憶は定かではないんだけど、
ぼくが老いを感じた出来事として
鮮明に覚えていることです。

今まで全く気にならなかったことが、
この日、気になったんです。

飛び降りるのは
むしろちょっと楽しかったんですが、
急に、車の上から見る景色が
変わった感じで、
飛び降りるのが
不安になった日がありました。

と言っても、くくり付けたら
すぐに会社を出なきゃならないし、
同僚も待っているので、
もたもたしていられません。
そんな不安はすぐかき消して
いつものように飛び降りました。
それで別に何事もなかったんですね。

この時はただ、漠然とした謎の不安、
って感じでした。
なんだかわからなかったんです。

でもあとで、なんでかなーと考えてみると、
老いたんだろうな
っていう結論になりました。
ちょっと足首が怖いし、
膝も怖い。
そう感じるのは自分の運動能力に
自信がなくなったから。
飛び降りない選択肢もあるなら
そっちで行きたい、って
考えるようになりました。

身体的な老いから先に来て、
それを受け入れたことで
精神的にも老いたのだろうと思います。

思えば若い頃は
ちょっとしたガードレールとか、
ヒョイってジャンプして、
上でちょっと止まったりして
余裕かまして乗り越えたりとか、
腰の上くらいの高さのフェンスでも
足を触れずに体操のあん馬みたいな感じで
乗り越えたりしていました。

歳を重ねると、そもそも
そんなことをやるシチュエーションが
なくなるわけですが、
今そうなったら「いやいや無理無理」
即決すると思います。
実際できるのかもしれないけど、
すでに精神的に老いてしまったので、
やろうっていう気持ちになりません。

こういう感じで
人は老いていくんだなとわかって、
歳を取るってことを実感しました。

でも、これはなにも悪いことじゃなくて、
誰でも歳を取るわけだし、
ようやく若さっていう無鉄砲さから
解放されたというか、
現実をつきつけられたわけで
良いとも取れます。

老いた先には死があるので、
死ぬことも若い頃よりは
リアルにとらえるようになりました。
そうすると今この時間を大切にしよう
とも思えます。
まあすぐ忘れるけど、
そう考えるのも必要なことだなと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました